お金に困って消費者金融を利用しました

お金が無くなってしまった時の大きな不安感は、そのような状況を経験したことがある方にしかわからないと思います。お金が無いと生活ができなくなるので本当に困ります。
私は3年前に大きな出費があり、お金が無くなってしまった事があります。貯金も無く、翌月の家賃の支払いさえもできない状況でした。どうにかしてお金を作ろうとしたのですが、お金を借りれる知り合いも近くにはいなくて途方に暮れていました。そこで以前からテレビのCMなどで知っていた消費者金融のキャッシングを利用してみようと考えたのです。

消費者金融のキャッシングを利用するために、まずはどのようなシステムになっているのかをインターネットでしっかりと調べました。いろいろな消費者金融がありましたが、金利も様々でどこをりようしようか悩みました。そこで、なるべく金利が安く有名な消費者金融を利用することにしたのです。

申し込みの際は審査に通るかとても不安でしたが、無事に通って安心しました。その日にキャッシングでお金を借りることも出来たのですが、違う日に借りようと考えました。何故その日にお金を借りなかったのかというと、返済が出来るかどうかをシュミレーションしておきたかったからです。

私のその当時の仕事の給料はあまり多くなかったので、きちんと計画を立てて借りたほうが良いと思いました。今後どのくらい収入があり、出費はいくらくらいになるのかを紙に書き出してみました。キャッシングでの返済期日までに残しておくべきお金を計算して、その金額をちゃんと残しておけるかを何度もシュミレーションして確認しました。その結果、私はキャッシングで借りたお金を返済できると判断しました。

後日近くのATMでキャッシングを利用してお金を借りました。そのお金で家賃も支払うことが出来ました。家賃の支払いが滞ると、部屋を追い出されてしまう可能性もあったので本当に助かりました。
返済の方も何度もシュミレーションしたおかげで問題なく行えました。

お金を借りるならアコムがオススメです。詳しくはこちら⇒アコムでお金を借りるなら※急いでる人にピッタリの申込方法

消費者金融のカードローンのメリット

消費者金融業者のカードローンを利用するメリットは、そのスピード力により急ぎに対応できるカードローンであるといえるものです。

仮に消費者金融業者の自動契約機を利用する事により、申込みからカード発行まで40分程度の業者もあるので、消費者金融業者のカードローンは急いでいる時にこそ最適なカードローンと言えるでしょう。

またこのスピードが消費者金融業者を利用するメリットになるのですが、審査基準のやはり他融資機関より低めなので、借りやすい部分も消費者金融業者のカードローンを利用するメリットになると思います。
ただし、メリットがあるという事はデメリットも必ず存在し、消費者金融業者のデメリットはやはり「金利が高い」事があげられます。

もちろん消費者金融業者は貸金業法の改正やグレーゾーンの廃止により金利も従来よりはぐっと下がっている事は確かです。

しかし、他融資機関とカードローンの金利を比較する場合、少なくても3.0%程は異なり、多い場合なら同じカードローンでも5.0%程違う場合もあるので、金利の負担なく利用したいという方には消費者金融業者のカードローンよりも銀行をはじめ他融資機関にカードローンが魅力あるものになります。

銀行と消費者金融の違いは、総量規制の対象か対象でないかの大きな違いがあります。消費者金融は総量規制の対象になっているので、年収ノ3分の1以上の借入をする事は出来ませんが、銀行は総量規制対象外にあたるので、ある程度まとまった額の借入も可能となっているのです。もし大口融資を検討されているのであれば、まずは銀行カードローンに申込をしてみては如何でしょうか。